HIS電気

電話受付 平日10:00-18:00

メール受付 24時間(受付のみ)

HISでんき

お申し込み
お問い合わせ
  1. TOP
  2. コラム
  3. 新電力
  4. 契約前にチェックしておきたい!「新電力に乗り換えたきっかけ」

コラム

契約前にチェックしておきたい!「新電力に乗り換えたきっかけ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
契約前にチェックしておきたい!「新電力に乗り換えたきっかけ」
買い物をする際に製品やサービスのレビューや口コミを見たうえで決断する方も少なくないでしょう。特にそれがランニングコスト、つまり月額で費用がかかる場合はよりそうした声を参考にしたいものです。それだけに、これから新電力への乗り換えを検討している方にとっては、“新電力の先輩たち”の声は大きなヒントとなるはずです。

本記事では新電力会社のHTBエナジーが、サービスとして提供する「HISでんき」のユーザー向けに実施したアンケート結果を公開。新電力に乗り換えた理由トップ6を紹介します。あわせてアンケートに寄せられたユーザーコメントから「新電力に乗り換えたそれぞれの家庭の経験談」も公開します。

経験談に見る新電力に乗り換えたそれぞれの理由

まずは新電力に乗り換えた理由を上位から6つ挙げ、新電力に乗り換えた方が実際に新電力を使ってどのように感じているかを紹介します。
新電力に乗り換えた理由のグラフ

1位:月々の光熱費を抑えたいから(1,431人)

新電力に乗り換えた理由としてダントツ1位になったのが「月々の光熱費を抑えたいから」です。HISでんきユーザーからはこんな声が多数寄せられています。

「電気代が安くなった」(多数コメント)
「大手電力会社の使用時より料金が抑えられている」(30代2人暮らし)

従来は電力会社の選択肢が地域の大手電力会社に限られており、電気代を節約する方法は限られていました。しかし、2016年の電力自由化(小売業への参入が全面自由化)を機に従来より電気代が安い新電力が多数登場してユーザーの選択肢が大きく広がり、乗り換えによって以前より電気代が安くなったことを実感している方が多いようです。

2位:電力送配電は今までと変わらないと知ったから(357人)

2位は「電力送配電は今までと変わらないと知ったから」でした。意外と知られていない知識なので、初めて知った方もいるでしょう。サービスのユーザーからこんな声が挙がっています。

「問題なく電気を使用できている」(多数コメント)
「今までと使い勝手は変わらないのに電気代は安い」(40代4人世帯)

新電力への乗り換えをためらう方の中には、電気の供給が不安定になることに不安を抱くケースが多いようですが、新電力も送配電線網は従来と同じです。また、新電力会社が倒産した場合は、電気事業法18条にもとづき地域の電力会社が代わりに送配電を行います。さらに、停電や災害時に新電力という理由で復旧が後回しになることもありません。新電力への乗り換えに関する安心材料となるでしょう。

3位:節約したお金で別のことに予算を充てたいから(212人)

3位に入ったのは「別のこと」でした。光熱費以外の生活費や子どもの教育費、帰省・旅行の費用、大型家電の買い替え費用、いざという場合に備えた貯蓄など、各家庭の現在のライフスタイルに応じて必要となるお金を指します。

たとえば、アンケートには下記のコメントが寄せられています。

「生活スタイルにあったプランを比較したら一番安い」(30代2人暮らし)

現在のライフスタイルに適したお得な電力プランの選択は、光熱費の節約に大きく役立ちます。その分、貯蓄など別の用途にお金を回せることで家計は助かるでしょう。地域電力会社から新電力に乗り替えた結果、節約に成功して別のことに予算を充てられたと実感する方が多いようです。

4位:ライフステージの変化を機に家計の見直しをしたかったから(139人)

ライフステージの変化を機に家計の見直しを行い、新電力に乗り換える方も数多くいます。たとえば、転居を機に電力会社を見直すケースです。

転居や結婚、出産、退職など、大きなライフステージの変化があると生活も激変し、それに伴って大きな支出が発生したり収入が減ったりします。その結果、家計の根本的な見直しが必要となり、その過程で多くの方が新電力に乗り替えています。

その一例として、新電力のHISでんきに乗り換えたユーザーから寄せられた声を紹介します。

「確実に、変更前より料金が安くなっている」(60代3人世帯)

この方は定年退職などでライフステージが大きく変化した中で、新電力に乗り換えたことで家計の負担が軽くなったことがうかがえます。

5位:乗り換えたときの特典やオプションに惹かれたから(111人)

サービスにおいて特典やオプションがつくと、それ以前よりも興味・関心を多く持つようになります。下記で挙げる特典やオプションに惹かれて新電力に乗り換えた方も多いようです。

弊社では2021年7月1日から8月31日まで「HISでんき」と「SAISON CARD Digital」新規同時申込で最大5,000円キャッシュバックキャンペーンを実施中のほか、HISの旅行代金割引特典があります。(2021年7月23日時点の情報)

一方、新電力他社でも基本料金の割引、ポイント・ギフト券の進呈、電気代初月無料などの特典がつく乗り換えキャンペーンを行っており、それを知って新電力に乗り換える方も少なくありません。

また、ユーザーの多くは特典やキャンペーン以外の点もチェックしています。特に電気代の安さにはシビアな目を向けており、多くの方が「他にもっと電気代が安いところがあれば乗り換えたい」と回答。キャンペーンや特典よりも割引を重視している方が多いことが分かります。

また、サービスをフル活用できるかどうかも重要視されています。たとえば弊社アンケートへのコメントには「この状況で(ユーザー特典の)旅行割引が利用できていないため、料金が安くなる以外の特典やメリットをさらに打ち出していただけると嬉しい」(30代5人以上世帯)などの意見もありました。

6位:家族・友人・知人が乗り換えていたから(62人)

すでに新電力に乗り換えた家族・友人・知人からすすめられて乗り換えを行う人も多いようです。それを機にHISでんきユーザーになった方の声をいくつか紹介します。

「(電気代が)確実に安くなっており解約する理由がないため、他社が相当メリットのある提案がない限りは継続する予定」(20代1人暮らし)
「不自由なく使えている」(30代1人暮らし)
「電気料金がそれなりに抑えられている」(40代2人暮らし)
「他社より(電気代が)安い」(30代4人世帯)

身近な家族や友人、知人に新電力をすすめられた方の多くが新電力に乗り換えています。その理由として電気代が安いことを挙げる方が大半ですが、電気を問題なく使える点を評価する方も多いようです。

新電力に乗り換える理由はそれぞれ異なりますが、各々の意見を整理して確認することで、新電力のメリットなどサービスの本質が見えてくるでしょう。新電力への乗り換えを検討中の場合は、アンケートのリアルな声を通してご自身の考え方を一度整理してみてはいかがでしょうか。

【まとめ】新電力に乗り換えるのは費用や転機などの要因が多い

新電力に乗り換えた理由を見てみると、「電気代を節約したい」「ライフステージの変化に合わせて見直しした」「身近な人が乗り換えたから」という声が多い傾向にあります。費用面の改善を目指したり、何かのきっかけがあったりした際に新電力に乗り換えを検討する方が多いのかもしれません。だからこそ「今の電力会社のままでいいのかな?」と思う場合は、積極的に新電力との比較検討をすべきでしょう。

その際は非常に多くの方が新電力のメリットだと感じている電気代やサービス内容、自分のニーズに合った特典などを各社で比較しながらチェックし、もっともご自身のライフスタイルに合った新電力会社を選ぶと満足度が高くなるでしょう。

\新電力への切り替えなら「HISでんき」に/
「HISでんき」はHTBエナジーが提供するHISグループの新電力サービス。安全な電気供給で「もっとおトクに、もっと使いやすく!」を実現します!

関連記事
契約前にチェックしておきたい!「新電力に乗り換えたきっかけ」
自宅の電気使用量は平均以上?意外と知らない電気代との関係
梅雨時に便利な浴室乾燥!時間単位の電気代・ガス代とは?

◆ライタープロフィール:大岩楓
元銀行員にしてベテラン主婦フリーライター。クレジットカードや節約記事などの執筆のほか、既成記事の校閲も担当。50代になった現在、最大の関心事は「老後のお金」など今後のマネープランについて真剣に考え始めている。自らの勉強も兼ね、銀行員時代に培った金融知識と25年以上の家計管理経験をベースにお金に関するさまざまな事柄について深堀りする。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HISでんきにかんたんお申し込みで

新生活をおトクにしよう!

ライフスタイルにあわせておトクなプランをご提案。
電気をあまり使わない方もたくさん使う方も、それぞれに合った割引率でご提案。
全国、どなたにもおトクな電気料金プランを取り揃えております。