HIS電気

お電話でも承ります!

受付時間 平日10:00-18:00

HISでんき

telアイコン

お問い合わせ

お申し込み
手続き
  1. TOP
  2. コラム
  3. 4人世帯以下は注目! 「ウルトラシリーズ」でライフステージごとに電気代を見直し

メディア

4人世帯以下は注目! 「ウルトラシリーズ」でライフステージごとに電気代を見直し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4人世帯以下は注目! 「ウルトラシリーズ」でライフステージごとに電気代を見直し

20~30代の女性はもっともライフステージの変化が多い時期だと言えるかもしれません。

独身の1人暮らしから、同棲生活、結婚や出産を経て子育てへと多くの変化を経験する方も多いでしょう。

ライフステージが変わることで暮らし方も多少なりと変化しますし、一緒に暮らす人数が増えればかかる生活費も変わってきます。

これからの生活を考え、同棲や結婚・出産・引越しなどを機に「家計の見直しをしてみよう」となる人も多いですよね。

しかし、「今の自分のライフスタイルに合った節約ができているか?」と問われた際に明確に「はい」と答えられる人は少ないのではないでしょうか。

しかし、こんな世の中だからこそ電気代の契約を見直ししたり、家庭環境の変化に伴って入念にコスト計算をしたり、「今こそ出費全般を見直そう!」と考えている人が急増しています。

なぜなら、生活費の中でもっとも削りやすいのは「電気代」だからです。

HTBエナジーでは、変化するライフステージの中で効率的に節約をしたいという方に対して「ウルトラシリーズ」を案内しています。


ライフステージの変化に伴う出費にかかる悩みの変遷


学校の卒業、就職、転勤、結婚、出産など多くのライフステージの変化を経験する20~30代は、それぞれのタイミングで出費の悩みも異なるはずです。 では同じ女性でもどのようにお金に関する悩みが変化していくのでしょうか。各ステージでの悩みを変遷でまとめました。


【ライフステージの変遷】


独身期

独身期の出費の悩み
友だちと旅行に行ったり、エステに行ったりしたい。 欲しいものも一杯あるし、とにかく自分のためにお金を使っているだけで月々の給料がなくなってしまう……。


同棲・新婚期

同棲・新婚期の出費の悩み
2人暮らしになって収入面は安定したけど、結婚後など将来を見据えた貯蓄が必要に。 結婚式は挙げたいし、ハネムーンは思いっきり贅沢したい。そのためにはお金がたくさん必要……。


子育て期

子育て期の出費の悩み
新婚後のイベントは落ち着いたけど、子育てにお金が……。 子どもは何人かほしいし、教育費を考えると将来にむけてきちんと貯蓄をしないと家計が回らない。


上記のように同じ女性でもライフステージの変遷によって、出費に関する悩みも常に変化するものです。 しかし、 共通して言えるのは、どのシーンでもそれぞれの事情でお金が必要であり、常に節約や貯金について考える必要があるということ。 お金を貯めるうえでまず切り詰めがちなのが食費です。しかし、カンタン家計簿アプリ「おカネレコ」の家計に関する意識調査では、コロナ禍で一番増えている出費の1位が食費(47%)というデータもあるだけに、それを削減するのはあまり現実的ではないでしょう。 また、交際費や趣味にあてる出費もできれば減らしていきたいと思っていても、なかなか難しいですよね。

そうした事情も含め、一番カットできる可能性があるのは電気代です。 新電力へのプラン変更、契約アンペアの見直し、日ごろからの節電の意識徹底、家電の買い替えなどによって費用が下がることもあるため、光熱費の中でももっともテコ入れをしやすいと言えます。 とくに契約の見直しによって、かなり電気代がお安くなるケースも珍しくありません。 我慢して生活してストレスを溜めるよりも、まずは各ステージにかかわらず、今すぐ節約に取り組める電気代の見直しから始めてみましょう。


家庭環境に合わせて選べるおトクなプランとは?

独身の1人暮らし、同棲・新婚の2人暮らし、子育て期に入った3人世帯・4人世帯とライフステージが変化する中で、家庭環境に合わせて選べるおトクなプランがあります。

それが、HTBエナジーがおすすめする 「ウルトラシリーズ」です。

同シリーズは、ライフスタイルやアンペアごとに「ウルトラ20」「ウルトラ30」「ウルトラ40」と3種の割引を用意している点が最大の特徴。それぞれの方が位置するステージに合わせて、基本料金・従量料金の単価を異なるプランから選べます。 20Aで事足りる1人暮らしであれば「ウルトラ20」。1~2人世帯であれば「ウルトラ30」。家族が増えて2~4人世帯までであれば「ウルトラ40」をご検討ください。 それぞれのプランごとに、以下の目安で料金単価が安くなる可能性があります。


20Aの方はウルトラ20 !
料金単価が最大 2 %オフ!

30Aの方はウルトラ30 !
料金単価が最大 6 %オフ!

40Aの方はウルトラ40 !
料金単価が最大 8 %オフ!

※地域によっては提供していないプランまたは、割引率が異なる場合がございます。


「ウルトラリーズ」の加入対象は 4人世帯までの家庭

上記でも触れていますが、「ウルトラリーズ」に加入する方はそれぞれのライフステージに合った電力プランを選びたい方に最適です。 3種のプランで1人暮らし、2人暮らし、3人世帯、4人世帯に対応できるため、家族が増えたり、消費電力が多くなったりすることが予想される場合は、「ウルトラリーズ」内で1つ上のプランにすることも可能です。 お子さんが3人になるなど、家族がさらに増える予定がない場合は「ウルトラ40」のプランで事足りるでしょう。 アンペア数が変わるだけでそれぞれのシーンに合わせたプランを提供できるので、加入する際も安心です。 ライフステージの変遷に伴って家族構成が変わったとしても、「ウルトラリーズ」内での対象契約の変更も行えるので、一度加入すれば4人世帯までは安心して割引価格で電気代を使用できます。


「ウルトラリーズ」のプラン詳細

「ウルトラリーズ」が選べておトクな安心のプランであることは何となくお分かりいただけたと思います。 しかし、実際に月々の電気代がどれくらい安くなるのかは、多くの方が気になるところでしょう。 そこで下記の表では、大手電力会社から「ウルトラ20」「ウルトラ30」「ウルトラ40」に変更した際に、月々・初年度・5年間の電気代がいくら安くなるのかの目安について紹介します。


東京電力EP 20A 月々150kWh使用を「ウルトラ20」に変更した場合

1か月の電気料金 3,751円のところ

ウルトラ20 東京にすると

1か月の電気料金が 3,676 円

初年度で 900 円 オトク

5年間で 4,500 円 オトク


東京電力EP 30A 月々250kWh使用を「ウルトラ30」に変更した場合

1か月の電気料金 6,683円のところ

ウルトラ30 東京にすると

1か月の電気料金が 6,352 円

初年度で 3,972 円 オトク

5年間で 19,860 円 オトク


東京電力EP 40A 月々350kWh使用を「ウルトラ40」に変更した場合

1か月の電気料金 9,820円のところ

ウルトラ40 東京にすると

1か月の電気料金が 9,040 円

初年度で 9,360 円 オトク

5年間で 46,800 円 オトク


各種プランで割引率は変わりますが、大手電力会社のプランよりも総じておトクなことが分かります。 特に住まう人数が多くなる場合はさらにおトク度が増す点にも注目です。 まずは1人暮らしの際に「ウルトラ20」に加入し、その後、暮らす人数が増えたら、「ウルトラ30」「ウルトラ40」とプラン変更をしていくよ良いかもしれません。「すぐに申し込みたい」という方はフォームよりご連絡ください。


ライフステージの変化に対応できる 「ウルトラシリーズ」のご検討を!

人生において家庭環境が常に一定である時期のほうが珍しいと言えます。特に20~30代は、ライフステージが大きく変化する時期なので、その移り変わりに合わせて都度、電力プランを見直すことをおすすめします。 特に数年の間にライフステージを一段、二段とのぼっていくビジョンをお持ちの方は、「ウルトラシリーズ」への加入をご検討ください。 それぞれのステージに合ったおトクを実感することができるはずです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HISでんきにかんたんお申し込みで

新生活をおトクにしよう!

ライフスタイルにあわせておトクなプランをご提案。
電気をあまり使わない方もたくさん使う方も、それぞれに合った割引率でご提案。
全国、どなたにもおトクな電気料金プランを取り揃えております。