HIS電気

電話受付 平日10:00-18:00

メール受付 24時間(受付のみ)

HISでんき

お申し込み
お問い合わせ
  1. TOP
  2. コラム
  3. 電気代
  4. 引越しを機に電力会社を変更しよう!新居での電力開通の流れも解説

コラム

引越しを機に電力会社を変更しよう!新居での電力開通の流れも解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
引越しを機に電力会社を変更しよう!新居での電力開通の流れも解説
引越しを行う上で面倒な作業の一つに、電気の解約・開通手続きがあります。うっかりこの解約手続きを忘れてしまうと、その分余計に電気代を払ってしまうハメに。

本記事では、引越し前に行う手続きと、引越し後に行う手続きについて解説。さらに引越しを機会に電気代、ガス代などの固定費を見直す方法についてもご案内します。

引越し前から引越し後までの電力開通の流れ


引越しにあたっては、その前後に2つの手続きを行う必要があります。その手順は電力会社によって異なりますが、ここでは一般的な手続きの手順を紹介します。

 

手順1:引越し前の住居への電気を止める

引越しで住居を退去する際は、電力会社との契約を解除し、住居への電気を止める手続きを取る必要があります。電話やインターネットで簡単にできますが、その際に下記の情報が必要になるので、あらかじめ準備しておきましょう。

 

【電気停止の際に必要な情報】

・名前(契約者名義)

・お客様番号(電気料金領収証などに記載)

・電気を停止する場所の住所

・退去日

・支払い方法

 

原則的に契約者が電気を止める工事に立ち会う必要もありません。ただし、手続きを忘れると電力会社との契約が解除されず、引越し前と引越し後の契約電力会社両方から二重請求されることになるので注意しましょう。

 

手順2:引越し後の住居に電力を開通させる

引越し後の住居に電力を開通させるには、まず契約する電力会社と電力プランを決めてから契約手続きを行いましょう。申し込みの手続きはインターネットや電話で簡単に行えます。ただし、地区の「供給地点特定番号」を記したハガキが必須になるので、ご注意ください。

 

賃貸住宅だとすでに電力が通っているケースがあります。しかし、未契約のまま使うと「電気が急に止まる」「延滞金が発生する」ことも起こり得ます。そうした事態にならないためにも、電力会社との契約を忘れずに行いましょう。 

「電気の引越し」も行った方がいい理由とは?


引越しによって従来の電力会社との契約はリセットされますが、それはすなわち、「電気の引越し(電力会社や電力プランの変更)」も同時に行えることを意味します。

「電気の引越し」の最大のメリットは、電気代がよりお得になる可能性が高いことです。また、契約者の状況に応じて、電気代が安くなる電力会社や電力プランも数多く存在します。

その1つがHTBエナジーの「HISでんき」です。「HISでんき」は電力会社との契約切り替え手続きがスマホやパソコンで簡単にでき、個々の電力使用量や家族構成などに応じて電気代が安くなる電力プランを選べます。

また、手続きやプランの不明点については、ワンダーサポート(050-3852-1193 受付時間:平日10~18時)にご連絡いただければ、スタッフが素早く対応します。インターネットが当たり前になった現代でも、困った時は言葉で説明してもらうほうが安心できますよね。また、ワンダーサポートの営業時内でのお電話が難しい方は、リアルタイムでのスタッフチャット、メールでのお問い合わせ、その他スマホでのカンタン申し込みなど、幅広く窓口をそろえています。

新居でHTBエナジー「HISでんき」への申し込みができない2つのケース


電力会社の引越しを行うことで電気料金を節約できる可能性がありますが、新住居の種類によっては入居者が自由に変更できないことがあります。 どんなケースがあるのか見ていきましょう。


ケース1:新築の場合

新築戸建や新築集合住宅物件が新居の場合、HTBエナジー「HISでんき」との契約はできません。まずは東京電力や関西電力などの旧一般電気事業者か新築での電気使用開始に対応する新電力を契約後に切り替えが必要になります。


ケース2:高圧一括受電契約の集合住宅の場合

マンションやアパートなどの集合住宅で、建物全体が電力会社と一括で契約(高圧一括受電契約)している場合もHTBエナジー「HISでんき」の契約ができません。個別に電力会社と契約できないので、選択肢がない点に注意しましょう。

電力会社の変更にまつわるQ&A


今まで大手の電力会社としか契約をしたことがない方の中には、新電力を提供している電力会社への変更に、不安を感じている方もいるでしょう。 そこで、新電力にまつわるよくある質問をQ&A形式で解説していきます。


Q1:大手電力会社と比較した停電のリスクは?

A1:送配電部門は変わらず大手電力会社が担っているというのが実情なので、電気の質や停電リスクが上がるということはありません。


Q2:電気使用量の制限はある?

A2:新電力に切り替えても電力使用量の制限はありません。「新電力の倒産時や災害時などの非常時に電気が制限されるのでは?」という心配も無用です。そうした非常時でも送配電事業者の大手電力会社が送電や復旧作業、電気の供給を行いますので、制限なく電気を使用できます。

Q3:切り替え手続きが面倒ではない?

A3:新電力への切り替えは電話やWeb(スマホなど)で簡単にでき、切り替え前の電力会社への連絡も不要です。手続きにあたっては切り替え前の会社の検針票を用意しておきましょう。

【まとめ】
引越し先での電気代を賢く節約したいときはHTBエナジー


これからの引越しのシーズンを前に、すでに引越しの準備を始めている人も多いでしょう。そんな引越し準備の一環として、電気代が安くお得になる「電気の引越し」もぜひご検討ください。また、外出自粛が続いておうち時間が大幅に増えた今、大幅に増えた電気代を節約したい方もプラン変更を検討しましょう。

HTBエナジーでは、お得な電力プランを複数用意しています。それぞれのライフスタイルに合った、一人ひとりの方にとってベストなプランを提案いたします。



関連記事
HTBエナジーのリアルな評判とは?お客様アンケートの結果を公開
契約前にチェックしておきたい!「新電力に乗り換えたきっかけ」
梅雨時に便利な浴室乾燥!時間単位の電気代・ガス代とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HISでんきにかんたんお申し込みで

新生活をおトクにしよう!

ライフスタイルにあわせておトクなプランをご提案。
電気をあまり使わない方もたくさん使う方も、それぞれに合った割引率でご提案。
全国、どなたにもおトクな電気料金プランを取り揃えております。