HTBエナジーのでんき

電話受付 平日10:00-18:00

メール受付 24時間(受付のみ)

HTBエナジーのでんき

お申し込み
お問い合わせ
  1. TOP
  2. コラム
  3. ガス代
  4. 電気とガスをまとめると何が得?セット契約で目指す光熱費カット

コラム

電気とガスをまとめると何が得?セット契約で目指す光熱費カット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電気とガスをまとめると何が得?セット契約で目指す光熱費カット
2016年に電力自由化、2017年にガス自由化が始まってから、多くの会社が電気やガスの小売販売に参入するようになりました。それに伴い電気とガスをまとめたセットプランが多く見受けられるので、消費者側からすれば、「どのプランが実際にお得なのか」が気になるところです。また、電気とガスをまとめることが本当にお得なのかも検証すべきでしょう。

本記事では、電気とガスのセットプランを考えている方に向けて、電気とガスをまとめることのメリット・デメリットについて解説します。「電気とガスをまとめた場合にどれくらいお得になるか?」を検証した結果についても掲載しています。

電気とガスをまとめるメリット

電気とガスの小売り自由化になってから、各社で目立つのがセットプランです。「ガスと電気がセットでお得!」とは言いますが、どんなメリットがあるのでしょうか。セットプランを検討する場合は、下記内容に共感できる方におすすめです。

メリット1:支払いを一本化できる

電気とガスを1つにまとめると料金の支払いを1本化でき、家計の管理が楽になります。また、引越しなどで電気やガスの契約変更を行う場合の連絡先が1つになるのもメリットだと言えるでしょう。うっかり解約し忘れて旧居と新居で二重に料金を払うというミスも防ぎやすくなります。

メリット2: セット割引が適用される

電気とガスをまとめるとセット割引が適用される点も大きなメリットです。ただし、電力会社にしてもガス会社にしても、セット割引適用前の金額が高い会社の場合は、セット割引適用後も新電力会社などのセットプランより料金が高くなるケースが多々あります。きちんと相見積もりをすることが重要です。

メリット3.セットプランだと解約金が発生しないケースが多い

契約プランを解約する場合には違約金が発生するケースもあります。しかし、電気とガスのセットプランだと違約金が発生しないことを特典にしていることも少なくありません。もちろん、会社によっては中途解約などで違約金が発生する場合もあるので、事前の確認は必須です。

電気とガスをまとめるのは確かにメリットがあります。しかし、どのプランに申し込んでも必ずお得になるということではないので、セットプランの契約にあたっては電力会社やガス会社の見直しも視野に入れましょう。各社のセットプランを比較したうえで慎重に検討することが大切です。

HTBエナジーの都市ガス料金プランは、東京ガス・東邦ガスをご利用のエリアにお住いの方にご案内しています。電気とガスのセット契約で双方の料金を同時に節約できます。

電気とガスをまとめるデメリット

「電気とガスはまとめると安い」という認識が一般的に広まりつつありますが、それでも別契約にこだわる方も一定数ほどいます。ではセット契約に踏み切らないのには、どんな理由があるのでしょうか。

デメリット1:セットプランの契約手続きが面倒に感じる

「お得なことは分かっているけど、現在の契約を解約するのが面倒」という方も多いのではないでしょうか。これまで利用していた電気・ガスの契約を解約し、さらに新たな契約を結ぶことを手間に感じる方もいるようです。

デメリット2:セットプランが必ずしも安くなるとは限らない

セットプランに変更した場合の大半は、割引という恩恵を受けられるでしょう。しかし、家庭でのエネルギーの使用量や契約内容によっては、変更後の料金が高くなるケースも少なからずあるようです。セットプランにして損をしないためにも、必ず変更後の料金のシミュレーションをしておきましょう。

電力会社やガス会社のセールストークに心を動かされてセットプランを契約する人も多いようですが、上記で挙げたような懸念もあります。契約後に後悔しないためにも、事前に必ず電力・ガス各社のセットプランと個別で契約した場合の総額を比較したうえで、利用の有無や契約会社を慎重に検討しましょう。

電気とガスをまとめるといくら安くなる?

電気とガスのセット契約を希望している方が一番気になるのは、「実際にどのくらい得なのか」ではないでしょうか。セットプランだと実際に光熱費をどの程度抑えられるのか、1人暮らしと4人家族の2つの事例で検証してみました。

事例1:1人暮らしの場合

まずは1人暮らしの電気代から。ここでは30Aで契約している想定で、HTBエナジー「PRIME30」と東京電力エナジーパートナーの電気代のみを比較します。

<電気代の比較>
   東京電力EP   PRIME30 
1ヶ月の電気代 6,686円 6,551円
年間の電気代 80,232円 78,612円

※電気代は、東京電力エナジーパートナー従量電灯B 30A/250kWhを使用した場合で、HTBエナジー「PRIME30」との比較です。

1ヶ月で135円安くなり、年間だと電気代だけで1,620円お得になります。

次はガス代です。ここでは「1ヶ月のガス使用量15㎥」と想定し、HTBエナジー「まじめなガス」と東京ガスのガス代のみを比較します。

<ガス代の比較>
   東京ガス   まじめなガス 
1ヶ月のガス代 2,716円 2,634円
年間のガス代 32,591円 31,612円

※ガス代は、東京ガスの一般料金15㎥を使用した場合で、HTBエナジー「まじめなガス」との比較です。

1ヶ月で82円、年で979円もガス代が安くなります。電気とガスをHTBエナジーに切替えると、年のお得額は2,599円。さらに電気代とガス代に加えてセット割(1,224円)もつくので、合計で初年度は3,823円割引に。一人暮らしでもセットのほうがお得なことが分かります。

事例2:4人家族の場合

次は4人家族(電気50A/ガス40m³使用を想定)の場合について、1人暮らしと同じ形で料金を比較しましょう。

<電気代の比較>
   東京電力EP   PRIME50 
1ヶ月の電気代 13,167円 12,510円
年間の電気代 158,004円 150,120円

※電気代は、東京電力エナジーパートナー従量電灯B 50A/450kWhを使用した場合で、HTBエナジー「PRIME50」との比較です。

1ヶ月の電気代は657円。さらに年間だと7,884円も安くなります。

<ガス代の比較>
    東京ガス     まじめなガス  
1ヶ月のガス代   6,186円     6,000円
年間のガス代  74,237円     72,004円

※ガス代は、東京ガスの一般料金40㎥を使用した場合で、HTBエナジー「まじめなガス」との比較です。

ガス代に関しても単月で186円、年間で2,233円ほどお得になります。電気代とガス代にプラスしてセット割(1,224円)も踏まえると、契約初年度で11,341円もランニングコストを削減できるのです。単身でももちろんお得ですが、家族が多い家庭のほうがセットプランの割引の恩恵が受けられると言えるでしょう。

【まとめ】電気ガスのセットならはHTBエナジーで!

何人家族でも電気代とガス代がともにお得になるセットプランを探している人は、まず電力会社を見直してみてはいかがでしょうか? HTBエナジーでは東京23区を中心に、関東圏の東京ガスエリアの方、中部地方の東邦ガスエリアの方、関西地方の大阪ガスエリアの方に電気&ガスのセットプラン「まじめなガスプラン」を用意しています。光熱費がお得になる電気・ガスの一元化をご希望の方は、ぜひHTBエナジーにお問い合わせください。

HTBエナジーの都市ガス料金プランは、東京ガス・東邦ガス・大阪ガスをご利用のエリアにお住いの方にご案内しています。電気とガスのセット契約で双方の料金を同時に節約できます。


関連記事
夏場の電気代高騰はこう乗りきる!電気代の料金計算方法と節約術
自宅の電気使用量は平均以上?意外と知らない電気代との関係
梅雨時に便利な浴室乾燥!時間単位の電気代・ガス代とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HTBエナジーでんきにかんたんお申し込みで

新生活をおトクにしよう!

ライフスタイルにあわせておトクなプランをご提案。
電気をあまり使わない方もたくさん使う方も、
それぞれに合った割引率でご提案。
全国、どなたにもおトクな電気料金プランを
取り揃えております。