HIS電気

電話受付 平日10:00-18:00

メール受付 24時間(受付のみ)

HISでんき

telアイコン

お問い合わせ

お申し込み
お問い合わせ
  1. TOP
  2. コラム
  3. 電気代
  4. 契約アンペアで電気料金が変わる?確認方法と変更時のポイント

コラム

契約アンペアで電気料金が変わる?確認方法と変更時のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
契約アンペアで電気料金が変わる?確認方法と変更時のポイント
電気料金の明細を確認した際に、アンペア(A)の記載を目にしたことがあるでしょう。しかし、アンペアという単位について見聞きしたことはあっても、具体的に何かを問われた際に明確に答えられる方は少ないのではないでしょうか。実は多くの方が気になる電気代はアンペアとも大きく関わっています。

本記事では電気代を算出するうえで不可欠なアンペアはもちろんのこと、ボルトやワットなど聞き慣れてはいるけど違いがよく分からない単位についても解説。加えて世帯人数別アンペアの目安やアンペア数別電気代についても説明します。

そもそもアンペアとは?ボルト・ワットとの違い

電気代に関する話題に際してアンペア、ボルト、ワットといった単位が出てきます。しかし、それらの単位の違いは意外と曖昧な方が多いのではないでしょうか。アンペアは「電流」、ボルトは「電圧」、ワットは「消費電力」を示します。

アンペア(A)「電流」 アンペア(A)とは電気の流れ(電流)を示す単位です。基本となる最小値は1アンペア(1A)。電流のイメージとしては、パイプの中を流れる水を電気に置き換えて想像してみてください。その電気が1秒間に流れる量を数値化したものがAの単位となります。たとえば、「30A」の場合は「1秒間に30アンペアの量の電流を流すことができる」ということを意味します。
ボルト(V)「電圧」 ボルト(V)は電気を流すための圧力、つまり「電圧」を指す単位です。その最小値は1ボルト(1V)。同じく水のイメージで説明すると、パイプの中を電気が通る際のピストンを押す力が電圧と言えます。つまり電流を送り込むための出力なのです。圧力が強いほどボルト数が大きくなり、弱いほどボルト数は小さくなります。
ワット(W)「消費電力」 ワット(W)は消費電力を表す単位です。その値はアンペア(A/電流)とボルト(V/電圧)から算出します。その計算式は「ワット(W)=アンペア(A)×ボルト(V)」です。

家庭で使用されている電化製品に関しては消費電力(W)で表示されています。つまり、電力がどれくらい必要なのかは、契約するアンペア数に対してどれくらいの電圧が必要なのかで計算されます。それらをまずは理解したうえで家電を意識して使うことで、電気代の増減の理由についても気づけるようになるかもしれません。

世帯人数別で必要なアンペア数の目安とは?

電流を意味するアンペアは、電力の使用量によって変化するものではありません。電気会社との契約によって数値が決まります。アンペア数をいくつで契約するかは各家庭の自由ですが、電力を多く使用する家庭では大きい数値に、あまり電気を消費しない家庭は小さい数値にすることをおすすめします。世帯人数ごとの目安となるアンペア数については下記の表にまとめました。

<世帯人数別アンペア数の目安>
1人暮らし 20~30A
2人暮らし 30A
3人家族 40A
4人家族 50A
5人以上の家族やオール電化住宅 60A~

契約アンペアを決める際には世帯人数別アンペア数は大きな目安となるでしょう。それに加えて、住居の形態や広さ、電化製品の使用状況なども考慮に入れるとより自宅に適したアンペア数を導き出せるでしょう。

アンペア数別の料金の違いとアンペア確認方法

電力会社と契約するアンペア数によって電流量が変わるので、それに伴い電気代も当然ながら変化します。電気代の高さが気になる家庭は、もしかしたらアンペア数の変更でもう少し安く抑えられるかもしれません。まずはご自宅の契約アンペアを確認してみましょう。




アンペア数別電気代(基本料金)

アンペア数によってかかる電気代の目安の一例として、東京電力EPとHTBエナジーのアンペア別基本料金を記載しています。下記のようにアンペア数が増えるほど基本料金が上がり、その分電気代も高くなります。しかし、少ないアンペア数で大量の家電を使う場合はブレーカーが落ちるリスクが高まるので、世帯人数別アンペア数の目安も踏まえて適切な数値を選ぶようにしましょう。

【アンペア別基本料金】
アンペア数 東京電力EP
従量電灯B
HTBエナジー
20A 572円 560.56円
30A 858円 815.10円
40A 1,144円 1052.48円
50A 1,430円 715.00円
60A 1,716円 858.00円



アンペア数を確認する方法

アンペア数は、電気の検針票、または地域によっては分電盤にあるブレーカーの色や数字で確認できます。色分けについては下記の通りです。アンペア数の見直しが必要になった際に、ぜひ確かめてみてください。

  10A 15A 20A 30A 40A 50A 60A
北海道電力
東北電力(単相2線) 色なし 色なし 色なし 色なし 色なし
東北電力(単相3線) 色なし 色なし 色なし
東京電力
中部電力 紫緑 灰青
九州電力

みんなが気になるアンペアに関するQ&A

アンペアはもちろん、ボルト、ワットなどの単位についても説明しましたが、まだまだ多くの疑問が残っている方もいるのではないでしょうか。もう少しくわしくアンペアについて知りたいという方のために、よく疑問に挙がる質問に関してQ&A形式で紹介します。



Q1:アンペア変更の手続きはどうやるの?

A1:アンペア変更の手続き方法は契約する電力会社や電力プランによって異なります。まずは契約中の電力会社に連絡を入れたうえで適切な手続きを取りましょう。なお、多くの電力会社では電話やWebで変更の受付も行っています。



Q2:アンペア変更には工事が必要?

A2:アンペアの変更では分電盤の中にあるアンペアブレーカーの交換工事が必要です。また、家の中に分電盤がある場合は工事の際に住人の立ち合いも必要となります。通常アンペア工事の工事費用は無料ですが、アンペアブレーカーが取り付けられていない場合は設置工事の費用が発生します。



Q3:マンションと戸建てで必要なアンペアは変わる?

A3:マンションと戸建てでは必要なアンペアが変わるケースが多いと言えます。一般的には戸建ての方が契約アンペアは大きくなる傾向にあります。戸建ては集合住宅より専有面積が広くなる分消費電力が増えることや、気密性に欠ける戸建てが多いことが主な理由です。


上記Q&Aを簡単にまとめると、「アンペアの変更はまず電力会社に連絡」「アンペアの変更にはアンペアブレーカーの交換工事はセット」になります。ぜひ覚えておきましょう。

【まとめ】アンペア数変更ご検討中ならHTBエナジーに!

「家族が増えた」「集合住宅から戸建てに引っ越した」などの理由でアンペア数の変更を検討中の方は多いでしょう。しかし、それで電気代が上がることを懸念されているかもしれません。

その場合はアンペア数を増やしても電気代がお得になるHTBエナジーの「HISでんき」を検討してみてはいかがでしょうか。住んでいる地方によっては、HTBエナジーに変えると特に30A・50Aでかなりお得になります!無料相談にも応じていますのでぜひ気軽にお問い合わせください。

\1~4人家庭向けプラン/

\5人家庭以上、2世帯住宅向け/
関連記事

夏の電気代にお悩みの方必見!クーラーの最適な温度設定方法とは?

電気代の一般平均の比較に見る!3人家族以上におすすめの節約法

オール電化で賢く節約する方法とは?電気代を比較検証してみた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HISでんきにかんたんお申し込みで

新生活をおトクにしよう!

ライフスタイルにあわせておトクなプランをご提案。
電気をあまり使わない方もたくさん使う方も、それぞれに合った割引率でご提案。
全国、どなたにもおトクな電気料金プランを取り揃えております。