HTBエナジーのでんき

電話受付 平日10:00-18:00

メール受付 24時間(受付のみ)

HTBエナジーのでんき

お申し込み
お問い合わせ
  1. TOP
  2. コラム
  3. 電気代 プラン 新電力
  4. 電力会社は乗り換えたほうがお得?おすすめの選び方と切り替え方法

コラム

電力会社は乗り換えたほうがお得?おすすめの選び方と切り替え方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電力会社は乗り換えたほうがお得?おすすめの選び方と切り替え方法
契約する電力会社を乗り換えると、電気代が安くなると聞いたことはありませんか?本当に電気代がお得になるのか、自宅に送られてくる電気の質に問題はないのか、疑問に感じている人もいるかもしれません。
今回は、電力会社を乗り換える際に役立つプランの比較や、プランを選ぶ際のチェックポイントを紹介します。具体的な乗り換え方や、乗り換えの際によくある疑問点も解説していますので、ぜひ参考にしてください。

電力会社を乗り換える人が急増している2つの理由

電力会社を乗り換える人が急増している背景には、どのような理由があるのでしょうか。まずは主な2つの理由について見ていきましょう。

家計の節約に役立つから

2016年4月以降、消費者は電力会社を自由に選んで契約できるようになりました。新参入の小売電気事業者は総称として「新電力」と呼ばれています。新電力には従来の電力会社よりも基本料金や電力量料金の単価が安いプランも多数用意されています。つまり、月々の電気代を節約できる場合があるため、電力会社を乗り換える人が増えているのです。

選べるプランの選択肢が増えたから

新電力には、住宅の環境やライフスタイルに合わせて選べるプランが豊富にあります。例えば、基本料金がかからないプランや時間帯によって電力量料金の単価が割安になるプランなど、自分に合ったプランを選びやすくなりました。選択肢が増えたことで、自分自身の価値観やライフスタイルに合ったプランに乗り換える人が増えているのです。

電力会社・電気料金プランを比較する

電力会社・電気料金プランには、数多くの種類があります。ここでは、代表的なプランの特徴をご紹介しますので、自分に合ったプランがあるかご確認ください。

電力自由化前よりも単価が安いプラン

電力自由化前から契約している大手電力会社と比べて電力量料金単価が安いプランを選べば、月々の電気代を抑えられる可能性が高いでしょう。電力量料金単価は電気を使った分だけ高くなるケースが多いため、プランを選ぶ際には必ずチェックしておきたいポイントです。

使った分だけ一律で支払うプラン

使った分だけ一律で支払うプランとは、基本料金は0円、電力量料金単価が一律に設定されており、電気を使った分だけ料金がかかるプランです。従来の電気料金プランでは、使用する電力量が増えるにしたがって段階的に料金単価が高くなっていました。しかし、電力量料金単価が一律のプランなら、電気を多く使う傾向がある家庭の場合はお得になる可能性があります。

時間別料金プラン

時間別料金プランとは、時間帯によって電力量料金単価がお得になるプランです。日中に単価が安いプランなら、在宅時間が長い家庭は電気料金を抑えられる可能性があります。夜間に単価が安いプランを選べば、日中外出していることが多い場合に電気代の節約につながるでしょう。

ポイント・マイルが貯まるプラン

ポイント・マイルが貯まるプランは、その名のとおり電気代の支払額に応じてポイントやマイルが貯まるプランです。日常的によく使っているポイントやマイルを貯められれば、効率良くポイントを活用できる可能性があります。

環境に配慮した電気が使えるプラン

再生可能エネルギー100%で発電された電気や、CO2の排出量を抑えられる電気など、環境に配慮した電気が使えるプランもあります。電気による環境への負荷が気になっている方、環境問題に関心が高い方にとって最適なプランといえます。

キャンペーン特典があるプラン

申込み時にギフト券がもらえたり、キャッシュバックされたりするキャンペーン特典があるプランもあります。契約初年度の電気代が実質的に安くなることもあるため、目に見える形でメリットを実感したい方におすすめです。

その他のプラン

上記のプラン以外にも、ガスやインターネット回線とセットで申し込むと割引になるプランや、ガソリン代に割引が適用されるプラン、動画配信サービスの月額利用料が無料になるプランなど、さまざまな特徴のあるプランが用意されています。普段よく利用するサービスがお得に利用できれば、家計の節約につながるでしょう。

電力会社を切り替える際のチェックポイント

電力会社の切り替えにはメリットがある一方で、チェックしておきたい面もあります。電力会社の切り替え時に知っておきたいポイントを押さえておきましょう。

一般的に工事は不要で、電気の切り替えそのものには費用はかからない

電力会社の切り替えに、大掛かりな工事は必要ありません。電力を積算して計量する電力量計を、デジタルで計測するスマートメーターに切り替える場合がありますが、作業は短時間で終了し、基本的には工事費もかからないでしょう。

停電や災害時の対応も従来どおり

電力会社を乗り換えても、停電や災害時の対応は従来どおりです。電線や電柱を保守管理しているのは小売電気事業者ではないため、停電や災害時の対応に影響はありません。

プランや使い方によっては安くならない場合もある

新電力に切り替えたとしても、プランや電気の使い方によっては電気代が安くならない場合はあります。ライフスタイルに合わないプランを選んだり、電力量料金単価が現在よりも割高なプランを選んだりすると、かえって電気代が高くなるため注意してください。

解約金が発生するケースがある

電力会社によっては、契約の解約時に解約金が発生するケースがあります。契約時には解約金の有無や、解約金の具体的な金額・発生する条件についてよく確認しておくことが大切です。

契約に年数縛りがあるケースがある

契約するプランによっては、最低契約期間が定められている場合があります。例としては、1〜2年の最低契約期間が設けられており、中途解約すると数千円程度の違約金が発生するケースです。電力会社は乗り換えず、プランのみ変更する場合も違約金が発生することがあるため、契約内容は十分に確認しておきましょう。

4ステップで解説する電力会社の乗り換え方

続いては、実際に電力会社を乗り換える際の進め方を4ステップで解説します。準備しておくべきことを把握し、電力会社の乗り換えをスムーズに行いましょう。

1. 検針票をチェックする

まずは、現在の契約状況を確認するために検針票を手元に用意しましょう。下記の項目をチェックし、現状の契約内容を把握してください。

<チェックすべき項目>
・契約アンペア数(A)
・電気使用量(kWh)
・基本料金

2. 乗換え先の電力会社を選ぶ

次に、乗換え先の電力会社を選びます。プランを選ぶ際には、基本料金と電気量料金単価をしっかり確認します。一般的に、電気使用量が多い家庭では、電気量料金単価の安さを重視したほうがお得になる傾向があります。また、月々の電気使用量が多く、契約アンペア数が大きい家庭の場合は、基本料金が0円で電気を使った分だけ一律で支払うプランのほうが節約につながるケースがあるでしょう。

3. 料金シミュレーションをする

多くの電力会社は、電気料金を試算できる料金シミュレーションをWEB上で提供しています。現在の契約アンペア数や電気使用量を入力し、乗換え前後でどのくらい電気代が安くなるか確認しましょう。

4. 乗換え先を決めて申込みをする

乗換え先の電力会社が決まったら、申込みを行います。申込み前に解約金や割引適用の有無については必ず確認しておきましょう。WEB上で切り替え手続きが完結する電力会社も増えているので、手続き自体は難しくありません。また、乗換え前に使っていた電力会社に、契約変更の連絡は不要です。

電力会社乗り換えにまつわる疑問をQ&Aで解消!

電力会社の乗り換えに関して、よくある質問をQ&Aにまとめました。電力会社の乗り換えを検討する際にお役立てください。

Q. 電力会社を乗り換える人が急増している理由は?

電力会社を乗り換える人が急増しているのは、電気代を節約できるケースが多いことと、選べるプランの選択肢が増えたことが主な理由です。現在契約しているプランよりも電気量料金単価が安い、もしくは自分のライフスタイルに合っているプランに切り替えることで、従来よりも電気代がお得になる可能性があります。

Q. 電力会社を乗り換える際には、どんなことをチェックしたらいい?

まずは、電力会社を切り替えた後に、本当に電気代が安くなるかを確認しておくことが重要です。料金シミュレーションが用意されていたら、必ず実施するようにしましょう。また、解約金は発生するか否か、発生する場合は金額と条件はどうなっているかも確認してください。契約年数の縛りがあるかもチェックおくと安心です。

なお、電力会社を切り替えても、供給される電気の質や停電時などの対応に変わりはありません。電気を作る発電や、電気を送る送配の多くは従来のまま大手電力会社が管轄しており、契約する小売電気事業者のみが変更となるケースがほとんどだからです。

【まとめ】電力会社を乗り換える際は「HTBエナジーでんき」のご検討を

電力会社を乗り換えることで、家計を節約できたりライフスタイルに合った適正価格のプランを選べたりできるのは大きな魅力です。自分に合った電気料金プランを見つけて、電気をお得に利用しましょう。

なお、電力会社を乗り換える際には、契約件数26万件突破(2020年10月現在)の「HTBエナジーでんき」をおすすめします。電気量料金単価が割安になる時間帯が3種類から選べるプランのほか、オール電化住宅専用プラン、CO2削減に貢献できるプランなどを提供しています。
5つの質問に答えるだけで電気代がどれだけお得になるかわかる料金シミュレーションも用意していますので、電力会社の乗換時にぜひご検討ください。

\新電力への切り替えなら
「HTBエナジーでんき」に/

電気プランの詳細はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HTBエナジーでんきにかんたんお申し込みで

新生活をおトクにしよう!

ライフスタイルにあわせておトクなプランをご提案。
電気をあまり使わない方もたくさん使う方も、
それぞれに合った割引率でご提案。
全国、どなたにもおトクな電気料金プランを
取り揃えております。