HTBエナジーのでんき

電話受付 平日10:00-18:00

メール受付 24時間(受付のみ)

HTBエナジーのでんき

お申し込み
お問い合わせ
  1. TOP
  2. コラム
  3. 電気代 節約 家電
  4. 加湿器の電気代は安い?スチーム・加熱式の種類別比較と節約法を解説

コラム

加湿器の電気代は安い?スチーム・加熱式の種類別比較と節約法を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
加湿器の電気代は安い?スチーム・加熱式の種類別比較と節約法を解説
暖房を使用する機会が増える冬場には、加湿器を使用する人も多いことでしょう。肌や喉・鼻の粘膜の乾燥をできるだけ防ぐために、加湿器が手放せないという人もいるかもしれません。
ところで、加湿器にかかる電気代について気になったことはありませんか?今回は、加湿器のタイプ別に電気代の目安をご紹介します。加湿器を使いながら電気代を効果的に節約する方法も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

冬場こそ活用したい加湿器の役割

加湿器は、室内の空気に水分を供給して乾燥を防ぐ電気機器です。特に冬場は、エアコンなどの暖房を頻繁に使用するため、部屋の空気が乾燥やすくなります。人は湿度が低い空気に長時間さらされていると、肌の乾燥や荒れなどのトラブルを招くリスクが高まることがあります。そこで活用されるのが加湿器です。部屋の空気を適度に加湿することで、肌のトラブルも防ぐことができます。

また、風邪やインフルエンザなどのウイルスは、乾燥している空気中で繁殖しやすい性質があります。暖房器具の使用によって室温が高くなり、しかも湿度が下がっているとウイルスが繁殖しやすい環境になってしまうのです。冬の室内の湿度が下がりすぎるのを防ぎ、風邪やインフルエンザなどを予防することも加湿器の大切な役割のひとつといえるでしょう。

大きく分けて4タイプある加湿器の種類

一口に加湿器といっても、大きく分けて4つのタイプがあります。それぞれのタイプの仕組みや特徴を、具体的に見ていきましょう。

超音波式

超音波式は、超音波を発生させて水を振動させ、細かな霧を発生させるタイプの加湿器です。水を加熱しないため本体が熱くならず、室温を上げる心配がありません。ただし、発生する霧は水の粒子が粗くなりやすく、壁紙などが結露しやすくなる点には注意が必要です。

スチーム式

スチーム式は、水をヒーターで加熱して沸騰させ、発生した湯気を送り出すタイプの加湿器です。水を沸騰させるため、雑菌が繁殖しにくく衛生的に加湿することができる特徴があります。ただし、ヒーターで水が高温になるまで加熱する必要があることから、電気代がかかりやすいのが難点です。

気化式

気化式とは、フィルターに含ませた水に風をあて、気化した水蒸気を送り出すタイプの加湿器です。水を加熱しないため電気代を抑えることができます。なお、モーターでファンを回して水蒸気を送り出すため、製品によっては作動音が耳障りに感じる場合がある点がデメリットです。

ハイブリッド式

ハイブリッド式は、水を含ませたフィルターに風をあてる構造は気化式と同様です。ただ、ヒーターで加熱した温風をあてることで、水をより早く気化させられるのがハイブリッド式加湿器の特徴です。気化式よりも室内の湿度を短時間で上げられますが、ヒーターを使うため消費電力が大きくなりやすい点はデメリットといえるでしょう。

加湿器にかかる電気代を検証

加湿器にかかる電気代は、水蒸気や湯気を作り出す方式によって異なります。ここでは、加湿器のタイプ別に標準的な電気代を検証していきます。

超音波式加湿器の電気代

超音波加湿器には、消費電力が22〜30Wの製品が多く見られます。1時間あたりにかかる電力量料金単価を標準的な27円/kWh(※)として計算すると、1時間・1日(8時間)・1ヵ月(30日間)にかかる電気代は下記のとおりです。

※公益社団法人全国家庭電気製品公正取引協議会が提示している電力料金の目安単価。下記で紹介していく加湿器の電気代は、すべてこの電力量料金単価で算出します。

■超音波式加湿器の電気代目安
  1時間
あたり
1日
あたり
(8時間使用)
1ヵ月
あたり
(30日間使用)
22W
の場合
0.6円 4.8円 144円
30W
の場合
0.8円 6.4円 192円

スチーム式加湿器の電気代

スチーム式加湿器はヒーターを加熱するため、ほかのタイプの加湿器と比べて消費電力が大きいのが特徴です。一般的な製品では、消費電力250〜270Wの物が見られます。

■スチーム式加湿器の電気代目安
  1時間
あたり
1日
あたり
1ヵ月
あたり
250W
の場合
6.8円 54.4円 1,632円
270W
の場合
7.3円 58.4円 1,752円

気化式加湿器の電気代

気化式加湿器は電気を使うのが主にモーターのみのため、比較的省エネルギーで動作する製品が多い傾向があります。製品によって消費電力はやや異なりますが、9〜32W程度が一般的です。

■気化式加湿器の電気代目安
  1時間
あたり
1日
あたり
1ヵ月
あたり
9W
の場合
0.2円 1.6円 48円
32W
の場合
0.9円 7.2円 216円

ハイブリッド式加湿器の電気代

ハイブリッド式加湿器はヒーターを搭載しているため、消費電力は気化式加湿器よりも高くなる傾向があります。一般的な製品でよく見られる40〜98W程度の消費電力を想定すると、電気代はそれぞれ下記のとおりです。

■ハイブリッド式加湿器の電気代目安
  1時間
あたり
1日
あたり
1ヵ月
あたり
40W
の場合
1.1円 8.8円 264円
98W
の場合
2.6円 20.8円 624円

加湿器を選ぶ際のポイント

ここでは加湿器を選ぶ際に、重視しておきたいポイントを2つの観点でご紹介します。どちらのポイントを重視するべきかについては用途や部屋の広さによるので、ご自身の目的に合った選び方を確認してください。

電気代を重視する

加湿器は、水蒸気や湯気を発生させる仕組みによって消費電力が大きく異なります。加湿器を選ぶにあたって電気代を重視するなら、「超音波式」または「気化式」がおすすめです。
どちらのタイプもスチーム式やハイブリッド式の加湿器と比べて加湿能力は劣る傾向がありますが、デスク周りなどの限られた範囲を加湿する際には適した仕組みの加湿器といえます。

加湿能力を重視する

電気代のみにこだわらず、加湿能力を重視する選択肢もあります。「スチーム式」や「ハイブリッド式」の加湿器の消費電力が大きいのは、それだけ加湿能力が高いからです。
広い部屋全体を加湿したい場合や室内の乾燥が著しい場合などは、加湿能力が不十分だと加湿器を使用している効果を実感しにくいことがあります。加湿能力を求めるのであれば、スチーム式やハイブリッド式の加湿器を選ぶといいでしょう。

加湿器を使いながら電気代を節約する方法

加湿器を使いながら、できるだけ電気代を節約するにはどうすれば良いのでしょうか。電気代を効果的に節約する方法をご紹介しますので、ぜひ実践してみてください。

部屋の大きさに合った加湿器を選ぶ

加湿器は、使用に適した部屋に置いてこそ効果を十分に発揮します。加湿性能が及ばなくなるような広さの部屋で使っていると、加湿性能が追いつかず、常に電力を消費し続けてしまうこともあるのです。加湿器には使用に適した部屋の大きさなどが記載されていることが多いため、購入時にはご自身の用途に合っているか必ず確認しましょう。

こまめにフィルターを掃除する

水や空気が通過するフィルターが搭載されている加湿器の場合、フィルターが目詰まりすると運転効率が下がります。加湿器の性能が十分に発揮されないおそれもありますので、フィルターはできるだけこまめに掃除しましょう。フィルターがきれいな状態で使用すれば、余計な電力を消費することを防ぐことができます。

契約している電力会社やプランを見直す

現在契約している電力会社やプランを見直し、お得なプランに加入すると電気代の節約につながります。新電力の料金プランには、大手電力会社と比べて電力量料金単価を抑えたプランや、時間帯によって電気代が割安になるプランがあります。
電力会社を切り替えても、供給される電気の質や停電時などの対応は従来と変わりません。手続きをするだけで電気代は効果的に節約できますので、電力会社や料金プランは見直してみることをおすすめします。

加湿器の電気代にまつわる疑問をQ&Aで解消!

加湿器の電気代について、よくある質問をQ&Aにまとめました。疑問点を解消して、加湿器にかかる電気代を上手に節約しましょう。

Q. 加湿器にはどんな種類があるの?

加湿器には「超音波式」「スチーム式」「気化式」「ハイブリッド式」の4種類があり、それぞれ水蒸気や湯気を発生させる仕組みが異なります。電気代が抑えやすいのは超音波式と気化式、加湿能力が高いのはスチーム式とハイブリッド式でしょう。

Q. 加湿器を選ぶ際のポイントは?

加湿器を選ぶ際には、電気代の節約を重視するか、加湿能力を重視するかを決めておくのがポイントです。限られた範囲が加湿できれば良く、電気代をできるだけ節約したい場合は超音波式か気化式をおすすめします。広い部屋で使用する場合や室内の乾燥が著しい場合は、スチーム式かハイブリッド式を選ぶといいでしょう。

【まとめ】加湿器はタイプごとの特徴を把握し、用途に合った製品を選ぶことが大切

加湿器には大きく分けて4つのタイプがあり、タイプごとに電気代が異なります。加湿器を選ぶ際には、タイプごとの特徴を把握し、用途に合った加湿器を選ぶことが大切です。

加湿器にかかる電気代が気になる方は、電力量料金単価がお得な「HTBエナジーでんき」をおすすめします。基本料金・従量料金が最大5%OFFになるプランや、特定の時間帯に電気代がお得になるプランなど、ライフスタイルに合わせた多彩なプランをご用意しております。「HTBエナジーでんき」は、WEBから簡単に契約の切り替えが行えますので、加湿器をお得に使いたい方はぜひご検討ください。

\新電力への切り替えなら
「HTBエナジーでんき」に/

電気プランの詳細はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HTBエナジーでんきにかんたんお申し込みで

新生活をおトクにしよう!

ライフスタイルにあわせておトクなプランをご提案。
電気をあまり使わない方もたくさん使う方も、
それぞれに合った割引率でご提案。
全国、どなたにもおトクな電気料金プランを
取り揃えております。