HTBエナジーのでんき

電話受付 平日10:00-18:00

メール受付 24時間(受付のみ)

HTBエナジーのでんき

お申し込み
お問い合わせ
  1. TOP
  2. コラム
  3. ガス代 節約
  4. ガス代を節約して安くする方法とは?今日からできる35の節約術

コラム

ガス代を節約して安くする方法とは?今日からできる35の節約術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ガス代を節約して安くする方法とは?今日からできる35の節約術
光熱費は毎月必ずかかります。中でもガス代は、家計の中でできるだけ節約したい出費のひとつでしょう。
今回は、ガス代を効果的に節約する35の方法をご紹介します。すぐに実践できる手軽な節約術ばかりですので、ぜひ光熱費を削減するためのヒントにしてください。

平均的なガス代はどのくらい?

そもそも、一般的にガス代は月々どのくらいかかっているのでしょうか。まずは、世帯人数別の平均的なガス代と、ガス代の節約が家計にもたらすメリットを解説します。

世帯人数別の平均的なガス代

まずは、世帯人数別のガス代の平均額を確認していきましょう。2021年の年間を通したガス代平均月額は、下記のとおりです。

■世帯人数別のガス代平均月額(2021年)
世帯人数 ガス代平均月額
1人 3,001円
2人 4,330円
3人 4,930円
4人 4,882円
5人 4,883円

※総務省「家計調査年報(家計収支編)2021年

ガス代は、基本料金と従量料金で構成されています。ガスの使用量が増えるにつれて月々に支払うガス代も高くなるため、世帯人数が増えるほどガス代も高くなるのが一般的です。
ただし、ライフスタイルによっては、ガス代が大幅に上がらないこともあります。子供のいる世帯では親が子供といっしょに入浴するケースもあり、世帯人数が変わっても月々のガス代に大きな差が生じにくい場合もあるのです。

ガス代の節約が家計にもたらすメリット

ガスを使用している以上、ガス代は毎月必ずかかる光熱費のひとつです。ガス代を毎月少しずつ節約できれば、年単位で見た場合に光熱費を大きく減らせることもあります。浮いたお金で外食をするなど、家計にもたらされるメリットは大きいといえるでしょう。

ただし、ガスは生活に欠かせない重要なインフラでもあります。無理をしてガス代を節約した結果、快適な暮らしが損なわれてしまうようでは、本末転倒といわざるをえません。ガス代を節約する際には、無理なくガスの使用量を減らしていくことが大切です。

キッチンでのガス代節約術20選

続いては、ガスを使うシーンが多いキッチンでの節約術を紹介します。工夫次第で無理なく実践できるものばかりですので、ぜひ暮らしに取り入れてみてください。

1. お湯を沸かすときは給湯器のお湯を沸かす

お湯を沸かすときは常温の水道水をガスコンロにかけるのではなく、給湯器のお湯から沸かしたほうが効率良くガスを使えます。給湯器は熱効率が高く、ガスコンロのみを使用する場合と比べてガスの消費量を節約できるからです。やかんなどでお湯を沸かす際には、給湯器からお湯を汲んで沸かすようにしましょう。

2. 電気ケトルでお湯を沸かす

お湯を沸かす際にはガスコンロではなく、電気ケトルを使用するのも効果的なガス代節約方法といえます。電気ケトルで0.8~1.2Lのお湯を沸かす場合、かかる電気代は1回あたり約3.26円と経済的です(※)。また、沸騰を感知すると自動的に保温機能へと移行するため、エネルギーを無駄なく活用できます。

※ティファール「電気ケトル 早くて安全、経済的!

3. 食器洗いは低温設定で行う

食器洗いは高温のお湯を使用する必要がないため、設定温度を下げることでガス代を節約できます。給湯器の設定温度を40℃から38℃に下げるだけでも、年間約1,430円の節約につながるのです(※)。給湯器の温度は一度設定しておけば毎回変更する必要がないため、無理なく節約できる方法といえます。

※資源エネルギー庁「風呂・トイレ | 無理のない省エネ節約 | 家庭向け省エネ関連情報 | 省エネポータルサイト

4. 食洗機を使う

食器は手洗いするよりも、食洗機でまとめて洗ったほうが光熱費を節約できます。ガス給湯器のお湯を使って手洗いする場合と比べて、食洗機を使用する場合の光熱費は年間約6,470円少なくなるという試算結果が出ているのです(※)。

※資源エネルギー庁「キッチン | 無理のない省エネ節約 | 家庭向け省エネ関連情報 | 省エネポータルサイト

5. 煮込み料理は電子レンジで下ごしらえ

煮込み料理は具材を生の状態から煮込むよりも、電子レンジで下茹でしておいたほうがガスの使用量を抑えられます。例えば、ブロッコリーやカボチャといった果菜を電子レンジで下茹ですると、ガスコンロのみで調理する場合と比べて年間約1,060円のガス代を節約できるのです(※)。

※資源エネルギー庁「キッチン | 無理のない省エネ節約 | 家庭向け省エネ関連情報 | 省エネポータルサイト

6. 料理は多めに作り置きする

料理は一食ごとに調理するよりも、多めに作り置きしておくほうがガス代を節約できます。冷凍しておけば保存できる期間も長くなるため、調理の手間を省くことにもつながるでしょう。料理を小分けにして冷蔵・冷凍すると、一食ずつ使用しやすくなって便利です。

7. ガスコンロのバーナー部分を掃除する

ガスコンロの炎が出るバーナー部分をこまめに掃除すると、熱効率の低下を防ぎガス代を節約できます。必ず消火を確認した上で、湿らせたキッチンペーパーを竹串に巻きつけて掃除すると、バーナー部分の詰まり防止に効果的です。

8. 卓上IHヒーターを使用する

ガスコンロから卓上IHヒーターに切り替えることも、ガス代の節約につながります。卓上IHヒーターは電気で稼働するため、電気代が割安になる夜間に調理をすることが多い場合は、おすすめの節約方法です。

9. ガスコンロは中火で使用する

ガスコンロは強火ではなく中火で使用することで、年間約390円のガス代を節約できます(※)。
料理時に強火を使用している際、ガスコンロの炎が鍋の底からはみ出していることはないでしょうか。鍋の底からはみ出した炎は熱を十分に伝えられていないため、熱効率を下げる原因となります。ガスコンロを中火で使用することを習慣づければ、ガスのエネルギーを効率良く利用できます。

※資源エネルギー庁「キッチン | 無理のない省エネ節約 | 家庭向け省エネ関連情報 | 省エネポータルサイト

10. 揚げ物の回数を減らす

料理の際、揚げ物の回数を減らすことでも、ガスの使用量は効果的に減らせます。揚げ物は高温の油を使用するため、加熱時間が長くなりがちです。揚げ物の代わりに焼き料理や煮物料理を増やすことで、ガス代を節約することができます。

11. 大きめの鍋を使用する

料理の際は大きめの鍋を使用すると、ガスコンロの熱を効率良く具材に伝えることができます。ガスコンロの炎は鍋の底にあたるため、鍋の底面積が広いほど熱が伝わりやすくなるからです。
大は小を兼ねるため、鍋は大きめのものに絞りましょう。また、調理器具の点数を減らせば、キッチン周りをすっきりさせることもできます。

12. 圧力鍋や保温鍋を使用する

圧力鍋や保温鍋を使用すると、加熱時間が短縮されてガス代を節約できます。特に、煮込み料理など、加熱に時間がかかりがちな料理の場合は効果的です。

13. 余熱を利用して調理する

ガスコンロで加熱した熱を利用する余熱調理も、ガス代を効果的に節約できる調理方法です。ゆで卵などであれば、余熱だけでも十分に調理ができます。お湯が沸騰したら火を止め、鍋に蓋をして熱を逃がさないようにするのが余熱調理のコツです。

14. 炊飯器で調理する

ガスコンロではなく炊飯器を活用することも、ガス代節約のために取り入れたい調理方法のひとつです。炊飯器は機密性が高く、熱が効率良く伝わるため幅広いレシピが実現できます。炊飯器レシピを取り入れて、ガスコンロを使用する頻度を減らしてみてはいかがでしょうか。

15. 鍋の蓋や落とし蓋を使う

鍋料理をする際は、蓋や落とし蓋を使ってガスコンロの熱が効率良く伝わるようにしましょう。熱が逃げにくくなり、より短時間で調理を終えることができて、ガス代の節約につながります。

16. 鍋1つで同時に調理する

鍋1つで2種類以上の調理を同時にこなせば、ガスをより効率良く利用できます。乾麺と具材の野菜を同じ鍋で茹でるなど、工夫次第で同時調理は可能です。2つ以上の鍋を別々に加熱する場合と比べて、ガスの使用量を効果的に減らせます。

17. 炒め物や蒸し料理を増やす

炒め物や蒸し料理は、煮込み料理と比べて調理時間が短くなる傾向があります。特に炒め物の多くは、水を使わず油で炒めるため、火の使用時間を短縮でき、ガス代の節約におすすめです。

18. 鍋底の水滴は火にかける前に拭き取る

鍋底に水滴がついたままガスコンロの火にかけると、鍋全体に熱が伝わるのを妨げてしまいます。鍋底の水滴はよく拭き取ってから火にかけると、ガスのエネルギーを効率良く活用でき、ガス代の節約となります。

19. 冷凍食材は自然解凍してから調理する

冷凍食材は自然解凍してから調理すると、加熱時間の短縮につながり、ガス代を節約できます。冷凍食材を冷凍庫から冷蔵庫に移動しておくだけでも解凍はできますので、ぜひ取り入れてみてください。

20. 石油ストーブで調理する

冬場に石油ストーブを使用している場合は、ストーブの天板に鍋などを置いて調理に利用するのもひとつの方法です。暖をとるのと同時に料理もできるため、ガスを使うことなく調理を進めることができます。鍋の転倒や吹きこぼれには十分注意する必要がありますが、ガス代の節約には効果的といえるでしょう。

風呂場でのガス代節約術8選

続いては、風呂場でガス代を節約するコツをご紹介します。入浴やシャワー使用時は大量のお湯を使うため、工夫次第でガス代を効果的に節約できるでしょう。下記で紹介する節約術を、ぜひ実践してみてください。

21. 給湯温度を低めにする

給湯温度を高く設定するほど、お湯を沸かすために多くのエネルギーを必要とします。ガス代もかさみやすくなるため、給湯温度は低めに設定して、ガスの使用量を抑えましょう。浴槽に熱めのお湯を張って入浴前に水を足すのではなく、あらかじめ適温に設定しておくことが大切です。

22. 浴槽の湯量を少なめにする

浴槽の湯量は、できるだけ少なめにしましょう。一度に沸かす湯量が多いほど、ガスの使用量も増えてしまいます。浴槽に肩まで浸かっても、あふれない程度の湯量を目安にしてみてください。

23. 追い焚き機能の使用回数を減らす

追い焚き回数を減らすことも、ガス代の節約につながる効果的な方法です。追い焚きを毎日1回使用すると仮定した場合、年間で約6,190円ものガス代がかかります(※)。追い焚き機能を使わなければ、年間これだけのガス代を節約できるのです。

※資源エネルギー庁「風呂・トイレ | 無理のない省エネ節約 | 家庭向け省エネ関連情報 | 省エネポータルサイト

24. シャワーを1日1分短くする

シャワーを使用する時間をできるだけ短くすることも、ガス代の節約につながります。シャワーで使用する湯量は多く、1分間使用するごとに約12Lのお湯が流れているのです。約16分間で浴槽1杯分の湯量に相当することから、シャワーの使用時間はガス代に大きく影響すると捉えてください。 具体的には、1日1分ずつシャワーの使用時間を短くすることで、年間2,070円のガス代を節約できます。

※資源エネルギー庁「風呂・トイレ | 無理のない省エネ節約 | 家庭向け省エネ関連情報 | 省エネポータルサイト

25. 節水シャワーヘッドに交換する

シャワーヘッドを節水タイプのものに交換すると、ガス代を無理なく節約できます。節水シャワーヘッドは一般的なシャワーヘッドと比べてお湯が出る穴の数や大きさが抑えられているため、シャワーを同じ時間・同じ勢いで使った感覚でも、自然と節水できるのです。

26. 浴槽はこまめに蓋をする

浴槽に張ったお湯の温度が下がると、追い焚きなどを頻繁に使用しがちです。追い焚き回数を減らす工夫として、浴槽はこまめに蓋をして温度の低下を防ぎましょう。「風呂から上がるときにはすぐに蓋をする」「蓋を外すのは入浴直前に」といったことを、家族全員で習慣づけていくことが大切です。

27. 入浴の間隔をなるべく空けない

2人以上の世帯では、入浴の間隔をなるべく空けないように心掛けることでガス代を節約できます。入浴の間隔が長くなると、浴槽内のお湯や浴室全体の温度が下がってしまいます。次に入浴する人が追い焚き機能を使用したり、冬場に寒さをしのぐためにシャワーの使用時間が長くなったりと、ガスをより多く消費する原因となるでしょう。できるだけ入浴時間帯は集中させ、あいだを空けずに入浴するのが理想です。

28. 風呂場を使わないときはリモコンのスイッチをオフに

給湯システムのリモコンが浴室内に設置されている場合、風呂場を使わないときは基本的にオフにしましょう。温度設定が「自動」になっていると、浴槽内のお湯の温度が下がるたびに自動的に追い焚き機能が稼働して、ガスを消費し続けてしまいます。風呂場を使うときだけリモコンのスイッチを入れることで、必要最小限のガス使用量にとどめることができるのです。

リビングでのガス代節約術4選

リビングでガス暖房器具を使用している場合も、使い方を工夫することでガス代を節約できます。ガスファンヒーターは短時間で部屋全体を暖められることが長所ですが、ガスの使用量が増える原因にもなりやすいため、下記に紹介するポイントを心掛けましょう。

29. ガスファンヒーターとほかの暖房器具を併用する

ガスファンヒーターは、ほかの暖房器具との併用がおすすめです。ガスファンヒーターで部屋全体がある程度暖まってきたらエアコンに切り替えると、ガス代を節約できます。ガスファンヒーターの使用を1日1時間短縮するだけでも、年間で約2,050円のガス代節約につながります(※)。ガスファンヒーターは帰宅直後など、部屋全体が冷えている場合に限って使用すると決めておくといいでしょう。

※資源エネルギー庁「空調 | 無理のない省エネ節約 | 家庭向け省エネ関連情報 | 省エネポータルサイト

30. ガスファンヒーターの設定温度は低めにする

ガスファンヒーターの設定温度は、適温使用を心掛けましょう。設定温度が高いと、室温が設定温度に達するまで、ガスファンヒーターがフル稼働を続けるからです。ガスファンヒーターの設定温度を21℃から20℃に変更するだけで、年間約1,320円のガス代を節約できます(※)。

※資源エネルギー庁「空調 | 無理のない省エネ節約 | 家庭向け省エネ関連情報 | 省エネポータルサイト

31. ガスファンヒーターのタイマー機能を活用する

ガスファンヒーターは、タイマー機能を活用して、就寝時など暖房を稼働し続ける必要がないときには自動的にオフになるような設定にしておきましょう。寒い時期には早朝に再び電源が入る設定にするなど、タイマー機能を上手に活用することでガス代を無理なく節約できます。

32. ガスファンヒーターのフィルターはこまめに掃除

ガスファンヒーターのフィルターをこまめに掃除することも、ガス代の節約につながります。フィルターにほこりなどが付着して空気の流れが悪くなると、ガスファンヒーターの暖房効率が下がってしまうからです。定期的にフィルターは清掃し、きれいな状態に保つことでガスファンヒーターの性能を引き出してください。

料金プランの見直しによるガス代節約術3選

ここまでに紹介してきた節約術は、いずれも機器・設備類の使い方を工夫することでガス代を抑える方法です。しかし、毎日の暮らしで常にガスの使用量を抑えるのは難しいと感じる人もいるでしょう。
そこで、おすすめなのが、ガス料金プランの見直しです。料金プランを見直すと、簡単かつ確実にガス代節約へとつながることがあるため、見逃せない節約術といえます。

33. 契約するガス会社を変える

契約するガス会社を変更すると、ガス代を割安にできる場合があります。従来は、地域ごとにガスを供給する事業者が決められていましたが、2017年4月に都市ガスの小売全面自由化が実現。現在では、消費者が自分の意思でガス会社を選べるようになっています。

契約するガス会社を変えても、供給されるガスの質や安全性は従来どおりです。都市ガス供給エリアであれば基本的にガス会社を自由に選べるため、各事業者がWEB上で提供している無料シミュレーションなどを利用して、ガス代がどの程度安くなるか試算してみてはいかがでしょうか。

34. 電気・ガスのセットプランに切り替える

電気とガスをセットで契約できるプランに切り替えると、セット割引が適用されてガス代がお得になる場合があります。ガス小売全面自由化以降、さまざまな業種の事業者が電気・ガスのセットプランを提供するようになりました。これまで、電気とガスをそれぞれ別の事業者と契約していた場合、セットプランに変えることで光熱費を抑えられる可能性があります。
また、電気とガスをセットで契約することで、光熱費の支払いを一本化できる点もメリットです。家計の管理が楽になると同時に、月々の光熱費がわかりやすくなるでしょう。

35. オール電化に切り替える

オール電化住宅に切り替えると、ガス代そのものをカットできます。各事業者はオール電化専用の電力プランも提供しており、その多くが夜間の電気代を割安に設定していることをご存じでしょうか。日中は仕事などで家を不在にしている世帯では、光熱費を節約できる可能性が高いのです。
なお、オール電化の切り替えは、オール電化住宅用の設備を導入する必要があるため初期費用がかかりますが、長い目で見ると光熱費の節約につながるでしょう。転居や住宅購入の際には、オール電化への切り替えを検討するのもひとつの方法です。

ガス代節約にまつわる疑問をQ&Aで解消!

ガス代節約に関して、よくある疑問をQ&Aにまとめました。疑問点や不明点を解消して、ガスを上手に活用しましょう。

Q. キッチンでのガス代を節約する方法は?

キッチンでのガス代を節約するには、「お湯を沸かすときは給湯器のお湯を沸かす」「電気ケトルでお湯を沸かす」「食器洗いは低温設定で行う」など、さまざまあります。どれも工夫次第で無理なく実践できるものばかりですので、ぜひ暮らしに取り入れてみてください。

Q. 風呂場でのガス代を節約する方法は?

風呂場でのガス代は、「給湯温度を低めにする」「浴槽の湯量を少なめにする」「追い焚き機能の使用回数を減らす」など、簡単な節約術がさまざまあります。入浴やシャワー使用時は大量のお湯を使うため、工夫次第でガス代を大きく節約できるようになるでしょう。

Q. リビングでのガス代を節約する方法は?

リビングでガス暖房器具を使用している場合も、使い方を工夫することでガス代を節約できます。
リビングでのガス代は、「ガスファンヒーターとほかの暖房器具を併用する」「ガスファンヒーターの設定温度は低めにする」といった方法で節約ができます。ガスファンヒーターは短時間で部屋全体を暖められることが長所ですが、ガスの使用量が増える原因にもなりやすいため、上記のようなポイントを心掛けましょう。

Q. 料金プランを見直すと、どれくらいガス代を節約できる?

料金プランの見直しには、「契約するガス会社を変える」「電気・ガスのセットプランに切り替える」「オール電化に切り替える」といった方法があります。料金プランを見直すと、簡単かつ確実にガス代節約へとつながることがあるため、見逃せない節約術といえます。各事業者がWEB上で提供している無料シミュレーションなどを利用して、ガス代がどの程度安くなるか試算してみてはいかがでしょうか。

【まとめ】ガス代を効果的に節約するなら料金プランの見直しがおすすめ

本記事では、ガス代を効果的に節約できる35の方法を紹介しました。ガス代は、日常のささいな心掛けひとつで節約できるケースが少なくありません。今回紹介した節約術を生活に取り入れて、ガス代を無理なく節約しましょう。

なお、ガス代節約術の中でも簡単に行えるのが、料金プランの見直しです。HTBエナジーでは、ガス代がお得になる都市ガス料金プランをご用意しています。東京・中部・関西の各エリアで利用可能なプランがありますので、ぜひ公式サイトでガス料金シミュレーションを試してみてください。
また、HTBエナジーでは、電気とガスのセットプランも提供しています。ガス代と電気代を合わせて、お得になる可能性がありますので、ぜひセットプランも併せてご検討ください。

\新電力への切り替えなら
「HTBエナジーでんき」に/

電気料金プランの詳細はこちら

ガス料金プランの詳細はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HTBエナジーでんきにかんたんお申し込みで

新生活をおトクにしよう!

ライフスタイルにあわせておトクなプランをご提案。
電気をあまり使わない方もたくさん使う方も、
それぞれに合った割引率でご提案。
全国、どなたにもおトクな電気料金プランを
取り揃えております。