HIS電気

電話受付 平日10:00-18:00

メール受付 24時間(受付のみ)

HISでんき

お申し込み
お問い合わせ
  1. TOP
  2. コラム
  3. 電気代
  4. 光熱費の節約術を考察!電気代・水道代・ガス代それぞれの見直し方

コラム

光熱費の節約術を考察!電気代・水道代・ガス代それぞれの見直し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
光熱費の節約術を考察!電気代・水道代・ガス代それぞれの見直し方
将来に向けての貯蓄やいつも頑張っている家族へのご褒美を実現するには、日々の生活費において無駄をなくすことが重要です。特に電気代・ガス代・水道代といった光熱費に関してはちょっとした心がけで月々の費用を安く抑えることもできるでしょう。

では具体的にどのような節約術があるのでしょうか。今回は一般家庭の月々の光熱費の相場や各家庭でできる電気代・ガス代・水道代の節約術を紹介します。併せて光熱費の節約効果が大きい電力会社やガスの切り替えについても解説します。

一般家庭の月々の光熱費の相場

光熱費の節約をするうえで重要なのは、一般家庭の月々の相場を知ることです。世帯人数別の光熱費の相場はその目安となるので、それを把握したうえで光熱費に無駄がないかをまず検証しましょう。世帯人数別光熱費の相場としては、2020年家計調査の世帯人数別月平均水道光熱費を参照しています。ぜひ「ご自宅の光熱費」と比べてみてください。

<光熱費の合計>
1人 2人 3人 4人 5人 6人以上
11,686円 21,836円 19,459円 22,614円 24,121円 25,134円

電気代
1人 2人 3人 4人 5人 6人以上
5,792円 9,515円 10,932円 11,788円 12,471円 16,003円

ガス代
1人 2人 3人 4人 5人 6人以上
3,021円 4,354円 4,960円 5,202円 4,836円 5,073円

水道代
1人 2人 3人 4人 5人 6人以上
2,172円 4,255円 5,528円 6,298円 6,737円 8,836円

その他(灯油代、ガスボンベ代など)
1人 2人 3人 4人 5人 6人以上
702円 1,334円 1,195円 833円 1,089円 1,383円

出典:2020年家計調査家計収支編(https://www.stat.go.jp/data/kakei/2.html

比較してみて自宅の光熱費のほうが平均より高かった場合は、節約を検討すべきかもしれません。そして、その場合はどの費用が平均よりいくら高いかを明確にしたうえで、平均を大きく超えている光熱費から節約に着手することが大切です。

上記を踏まえ、次は電気代・ガス代・水道代の節約術を個別に紹介します。

すぐに実践したい電気代の節約術

まずは家庭の光熱費でもっとも大きなウエイトを占める電気代の節約について確認しましょう。

節約術1:電力会社を切り替える

すでに多くのご家庭で実践している節約術が電力会社の切り替えです。その背景には電力自由化で多くの新電力会社が参入し、毎月の電気代が安い契約プランが多数登場していることが挙げられます。電気代が高い場合は現在の契約プランを見直し、より電気代が安くなる電力会社への切り替えを検討すれば、電気代の継続的な節約効果が見込めるでしょう。

「HISでんき」はHTBエナジーが提供するHISグループの新電力サービス。安全な電気供給で「もっとおトクに、もっと使いやすく!」を実現します!


節約術2:省エネ家電に切り替える

省エネ家電への切り替えも電気代の節約に効果的です。特に古い家電を使っている場合は大きな効果が期待できます。たとえば、2011年購入の冷蔵庫(451~500L)から最新モデルの冷蔵庫(例:NR-F507HPX-N)に買い替えた場合、年間で4,970~6,320円(1ケ月で414~526円)電気代が安くなります※。長年古い家電を使い続けている方は、ぜひ省エネ家電への切り替えを検討しましょう。

※参考:環境省「しんきゅうさん」(https://ondankataisaku.env.go.jp/shinkyusan/


節約術3:家電の使い方を見直す

家電の使い方の見直しも多くの家庭で実践されている電気代の節約術です。「起動時に多くの電力を消費するエアコンは頻繁にオンオフしない」「冷蔵庫内の温度を上げないために扉を開ける時間や回数を極力減らす」などのちょっとした工夫や心がけでも電気代を節約できます。

以上の3つで特に節約効果が高いのは、継続的な節約効果がある電力会社の切り替えです。それを軸として他の節約方法も取り入れることで、無駄を防げる可能性が高まります。

すぐに実践したいガス代の節約術

次はガス代の節約術を紹介します。ガスは電気と違って使う機会が限られるとお考えの方もいるかもしれませんが、案外見落としがちな無駄は多いものです。

節約術1:契約プランを見直す

ガスも同様に小売りは自由化されているので、契約会社を消費者が選択できます。まずは契約プランの見直しを行い、ガス代が安いプランのある会社への切り替えも検討しましょう。それによって毎月のガス代の継続的な節約につながります。また、電気とガスのセット割で電気代とガス代の合計を安くする方法もあります。

HTBエナジーの都市ガス料金プランは、東京ガス・東邦ガスをご利用のエリアにお住いの方にご案内しています。電気とガスのセット契約で双方の料金を同時に節約できます。


節約術2:お風呂の入り方を見直す

お風呂の入り方を見直すこともガス代の節約術として有効です。「家族全員が時間を空けずにお風呂に入る」「入浴後は浴槽のふたを閉めてお湯の温度を下げない」の両方またはどちらかを徹底すれば、追い炊きの回数や時間が減ってガス代の節約につがなります。

また、お風呂やシャワーの設定温度を1℃下げると1分で約0.2円ガス代を節約できます。仮にシャワー時間を1人1日5分としてシャワーの温度を1℃下げた場合、節約できる金額は1人あたり1日1円。30日で30円、1年で365円に。4人家族なら1年で1,460円にもなります。

節約術3:キッチンでガスの使い方を見直す

キッチンでガスの使い方を見直すことも大事です。「給湯器の温度を低めに設定する」「食器洗い乾燥機で食器をまとめ洗いする」「圧力鍋や保温鍋の利用でガスの使用時間を減らす」などの工夫でガスの使用量が減り、ガス代の節約につながります。

以上のうち、もっとも効果的なのはガス会社の切り替えを視野に入れた契約プランの見直しです。まずはそこから検討しましょう。

すぐに実践したい水道代の節約術

水道はまだ民営化されておらず、電気やガスのように契約の切り替えはできません。そのため、個人や世帯単位で水の使用量を減らし、水道代を節約することに注力しましょう。

節約術1:キッチンでの水道使用

キッチンでもっとも水を使うのは食器や調理器具を洗う時です。その水量を減らすためには少ない水量で一度に食器を洗える食器洗い乾燥機の活用がおすすめです。また、手洗いの場合はキッチンペーパーなどで汚れを拭き取ってから洗い、まとめてすすぐと水の使用量を減らせます。

節約術2:お風呂での使用量削減

節水シャワーヘッドへの交換や、シャワーを流す時間を最小限にすることで水の使用量を減らせます。節水シャワーヘッドは従来型シャワーヘッドの70~80%節水できる製品もあります。また、シャワーの時間を1分減らすと10L以上の水を節約でき、その分水道代の節約につながるでしょう。

節約術3:洗濯機のコースの選択

1回すすぎコースの活用で、洗濯1回あたりの水の使用量を20~50L以上減らすことができる製品もあるようです。マメなコースの選択が節約に影響をおよぼすこともあります。

節約術4:節水トイレの導入

極めて効果的なのが節水トイレの導入です。約30年前のトイレは1回流すのに約13~20Lの水を使いましたが、節水トイレは1回あたりの水量が3.8~6Lまで減っています。また、トイレを流す際に「大」と「小」を適切に使い分ければ、1回あたり2~3Lの水を節約できます。

上記の方法のうち、高い節約効果を見込めるのがシャワーヘッドやトイレを節水型に交換することです。どちらも費用がかかるのがネックですが、長い目で見れば絶大な節約効果が期待できるでしょう。

【まとめ】できる節約を実践しつつ、プラン見直しで抜本的な変化を

光熱費は日々のムダをなくすことが大原則です。自宅の光熱費が世間の相場よりも多いと感じるご家庭は、今すぐ実践できる光熱費の節約を始めてみましょう。加えて、電気やガスの契約プランを変更したり、電力会社やガス会社を変えたりするなどして抜本的に光熱費を見直すことも重要です。そうすることで毎月継続的に光熱費を節約でき、長期スパンで見れば絶大な節約効果も期待できるからです。特に光熱費の中でもっとも大きなウエイトを占める電気代については電力会社の切り替えが非常に効果的です。HTBエナジーでは無料相談で電力会社の切り替えについて相談できます。ぜひ気軽にご連絡ください。

関連記事
夏場の電気代高騰はこう乗りきる!電気代の料金計算方法と節約術
自宅の電気使用量は平均以上?意外と知らない電気代との関係
梅雨時に便利な浴室乾燥!時間単位の電気代・ガス代とは?

◆ライタープロフィール:大岩楓
元銀行員にしてベテラン主婦フリーライター。クレジットカードや節約記事などの執筆のほか、既成記事の校閲も担当。50代になった現在、最大の関心事は「老後のお金」など今後のマネープランについて真剣に考え始めている。自らの勉強も兼ね、銀行員時代に培った金融知識と25年以上の家計管理経験をベースにお金に関するさまざまな事柄について深堀りする。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HISでんきにかんたんお申し込みで

新生活をおトクにしよう!

ライフスタイルにあわせておトクなプランをご提案。
電気をあまり使わない方もたくさん使う方も、それぞれに合った割引率でご提案。
全国、どなたにもおトクな電気料金プランを取り揃えております。